« March 2007 | Main | May 2007 »

ABBA GOLD

アバと言えばダンシング・クィーンが有名でしょうか。
あたしも一時期夢中になって、レコードを買ったり、エアチェック(古っ)をしたり、「アバ・ザ・ムービー」も観に行きました。

ダンサブルなナンバーから、バラードまでメロディーがキャッチーで、彼らがスウェーデン人で、母国語でない英語でかかれた詞がシンプルでわかりやすい点も魅力のひとつでした。

来日公演も2度ほど行っているようですが、当時はコンサートに行こうという考えは浮かばず、ナマ・アバを観ることはありませんでした。

そのアバのコピーバンド(と呼んでいいのかわかりませんが)ABBA GOLDのライブ?コンサート?が日本で公演されるというので観てきました。
ヨーロッパ各国で大ヒットした公演が日本へ上陸です。

Main_visual_2

会場もほぼ埋まっていて、周りを見回すと、30代以上の方、特に40代、50代の方が多かったように感じました。
みなさん、大盛り上がりで、ほとんどスタンディングで身体をリズムに任せています。
懐かしくて仕方がないと言った感じ。

女性ふたり(アグネタ役、フリーダ役)は見た目はご本家には似ていませんが、歌唱力が素晴らしい!ステージを右に左に動き回り、ダンスはご本家よりかなり激しく感じました。
男性(ビヨルン役、ベニー役)はなかなか雰囲気出てました。

ただあたしの中では、どしてもご本家のアグネタ、フリーダの見た目の印象が強くて、ルックスのギャップが邪魔をして、最後までどっぷりとはのめり込めなかったなぁ。
ふたりの実際の歌ってる時の振りって、意外にエレガントなんですよね。
身長や体系の見た目もバランス良かったし。ご本家↓
http://www.youtube.com/watch?v=euxT2NmLYLI

しかし、演奏はもちろんのこと歌唱力はホントに素晴らしく、懐かしいアバ・ワールドをじっくり楽しませてもらいました。

今日の教訓: コピーバンド、まずは歌唱力の安定を。あ痛た、、、

| | Comments (90) | TrackBack (0)

ノスタルジック・マニア

あたしは古い映画や写真が大好きです。
何だか琴線に触れるんですよね。わくわくして、胸にキュンときます。

旅先で、その土地の歴史や人々の生活を紹介している「○○歴史資料博物館」なんか
にもよく足を運びます。
当時の生活の様子を等身大の模型や人形を使って再現しているコーナーなんか
大感激です。

個人的お勧めの資料博物館
*レイクディストリクト・ミュージアム http://www.museumqueenstown.com/
ニュージーランドのアロータウンにあります。
19世紀ゴールドラッシュで栄えた当時の生活用品や写真、模型。
見ごたえ十分。

*北海道開拓の村 http://www.kaitaku.or.jp/
札幌の郊外。とにかく敷地が広い。明治から昭和初期の建物が、
市街地、農村、漁村、山村とエリア分けされている。馬車鉄道にも乗れるよ。

*江戸東京たてもの園 http://www.tatemonoen.jp/
小金井公園の中にあります。
北海道開拓の村には規模的には及ばないものの、こちらにも江戸時代から
昭和初期までの27棟の復元建造物が移築されている。
家から近いのが利点。頑張れば自転車でも行ける。

*博物館明治村 http://www.meijimura.com/
こちらは有名ですね。愛知県犬山市にあります。特に、旧帝国ホテル中央玄関が
印象深く、これを見てから建築家フランク・ロイド・ライトに興味を持つ
ようになりました。行ったのは20年くらい前なので、また是非行きたい!


これから行ってみたい
*江戸東京博物館 http://www.edo-tokyo-museum.or.jp/
面白いらしいですね~。
人気のスポットらしいから、空いてそうな時を狙って行ってみます。

*博物館網走監獄 http://www.kangoku.jp/
囚人の入浴再現シーンなどリアルな展示に興味津々。

どこかお勧めの場所があったら教えてください。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

4/22@六本木キャヴァンクラブ

4月22日(日)16時より、六本木キャヴァンクラブにて
ビートルズ・アマチュアデーが開催されました。
あたしの所属するOcean Childは、10バンド中、5バンド目に
出演しましたー。

みなさま、ご声援ありがとうございました。
朝からきんちょーでお腹が痛かったですが、そして、たくさん
ミスしてしまいましたが、みなさまの応援のお陰で何とか終わりました。

他のバンドさんたちのステージを観るのが大変楽しく、勉強に
なりました。
最後の方は、知り合いの人気先輩バンドも出演され、会場は
すごい盛り上がり。
あたしもテンション上がりっぱなしで、壊れましたー。
楽しかった~。
それぞれのバンドが個性的でキャラが濃くて、非常に刺激的
でした。

070422_151501_1
070422_151601

Ocean Child@六本木キャバンクラブ 2007.04.22
1. A Hard Day's Night
2. Yesterday
3. And Your Bird Can Sing
4, Birthday
5. Polythene Pam
6. She Came In Through The Bathroom Window
7. Soldier Of Love
8. Nothin' Shakin'
9. Please Please Me
10. I Saw Her Standing There
11. I Wanna Hold Your Hand

| | Comments (8) | TrackBack (0)

「黄色い涙」

映画「黄色い涙」を見ました。
昭和38年の阿佐ヶ谷が舞台。

Index01_1

当時の阿佐ヶ谷駅や七夕祭りの様子なんかも再現していて、杉並区民のあたし
としてはとっても身近に感じました。

小説家、画家、漫画家、歌手を目指す若者が、それぞれの夢を追って
貧乏共同生活を送る話です。ほろ苦いロマンスもあり。
嵐の5人がそれぞれに味のあるキャラクターを演じていて、2時間が
あっという間でした。

あたし、古い映画とか写真とか大好きなんですよね。
そういう意味でも、胸がきゅとんくる、あたしの琴線に触れるほのぼの
で、ちょっぴりほろ苦い映画でした

| | Comments (0) | TrackBack (0)

花より団子?

定番、兼六園を散策しました。
お天気にも恵まれ、桜もちょうど見ごろ。
のんびりと、気の向くままに歩き回りました。

2007_04070003

3色のお花見だんごや、あんころも美味しそうでしたが、かわいい
日本手ぬぐいを自分へのお土産に。
どうやって使おうかしらん。

Img_5480_2

街に戻って、アンテノールの栗のパフェがあまりに美味しそうだった
ので、奮発して買っちゃいました。
美味しかった~。

2007_04070023_1

今回は訪ねませんでしたが、美術館や文学館、資料館など他にも
行ってみたい見所が盛りだくさんでした。
またいつかきっと、、、

| | Comments (7) | TrackBack (0)

室生犀星

中学の時、音楽の先生(大宅寛先生)が担任で、彼は室生犀星が大好きでした。
犀星の生い立ちや作品に関して、たくさんの話をしてくれました。
犀星は金沢の犀川の近くで生まれ育ち、「犀川」という詩を残しています。
大宅先生は、その詩に曲をつけ、あたしたちは混声四部で合唱しました。

「美しく川は流れたり その畔に我はすみぬ 春は春 夏は夏の花つける
岸辺に座りて こまやけき ほんの情けと愛とを知りぬ 今もその川の流れ、、、」
この詩から、いつかこの目で犀川を見たいとずっと思っていて、ついに行って
来ました。

2007_040700311_1

まぁ、なんというか、今は普通の川なのですが、犀星の時代にはこんなに整備
されていなくて、もっと情緒があったに違いありません。

ボランティアのガイドさんに2時間かけて、犀星をはじめとする金沢の文学者
たちのゆかりのある場所を案内してもらいました。
桜が8分咲きで、どこへ行ってもいろんな花がいっぱいで、お天気にも恵まれ
贅沢な散策でした。

2007_04070019_1

最後は室生犀星記念館をゆっくり観覧して、ガイドさんのお陰で本当に有意義な
時間を過ごすことができました。
犀星に限らず読んでみたい作品、読み返してみたい作品もいろいろできたし。

しかし、あたしは日本史が大の苦手で興味がなく、恥ずかしいことに驚くほど
何も知らないのです。
こうして知らない土地を訪れるたびに、歴史に関する下地があれば、もっと
もっと旅が楽しめるんだろうなぁと、勉強しなかったことが悔やまれます。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

夜桜見物

やっと念願の桜を見に行ってきました。
この時期、やっぱり桜を見ておかないと気がすまない。
夕方から夜にかけて、桜の下を30分くらいかけて歩きました。
ライトアップされる期間が過ぎていたので、暗かったのが残念。
寒かったし。

今週末は青空をバックにほのかなピンクの桜を見れるでしょうか。
もうかなり葉桜になっていましたが。

Ts2a0011_1


| | Comments (0) | TrackBack (0)

4/22(日)@六本木キャヴァン

あたしの参加するビートルズバンド、Ocean Childがライブに出演します。

日時: 2007年4月22日(日) 16時オープン、23:30クローズ
場所: 六本木キャヴァンクラブ http://www.cavernclub.jp/
料金: 2ドリンク、1フード付き 3,150円

この日はアマチュアバンドデーで、10組のバンドが出演します。
Ocaen Childは5組目、19:10~19:40(時間は変更になる場合があります。)頃出演予定です。

個性豊かなバンドが勢ぞろい!になりそうで、観る側としても今からとても
楽しみです。
是非、いっしょに楽しみましょう。いらして下さい!

Pict00392_2


| | Comments (3) | TrackBack (0)

« March 2007 | Main | May 2007 »